ヒルズラボシリーズ

コンブチャとは、紅茶に『スコビー』と言われる菌種と砂糖を加え発酵させた植物性ドリンクのことで、コンブチャの中には、ポリフェノールやアミノ酸、ビタミンB群、酢酸菌・乳酸菌・酵母など多様な微生物などが豊富に含まれています。飲むだけで「腸内洗浄のセルフケア」が期待でき、1970年代に”紅茶キノコ”という名前で日本でもブームになったという歴史があります。コンブチャの起源は中国で、その後、ロシアや東ヨーロッパに伝わったとされています。